Twitter Button from twitbuttons.com もしもし葬儀屋さん お葬式らしいお葬式

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お葬式らしいお葬式

これまでの経験の中でも指折りの、素晴らしく充実したお葬式でした。
遺影ご遺影写真の原稿です
全景
スクリーンDVD上映用100インチスクリーン


故人はご自宅で、胃静脈瘤破裂による大量出血で亡くなりました
年齢は72歳・・・・お酒と心中したんですとご子息が言ってました

それほどお酒が好きだったようです

死亡日からお通夜までは1週間・・・・・故人の遺書により無宗教葬で行う為、日程を長く取らせていただきました。

無宗教葬のため、お式の進行は 
黙祷・・・喪主の挨拶・・・ご長女による故人の経歴紹介・・・ご友人の弔辞・・・歴代の写真をスライドにしたDVDの上映・・・献花・・・黙祷

約1時間の式でした。

息子さん(今回の喪主、私と同じ年)娘さん二人とそのお連れ合い
全ての打ち合わせは皆さん一緒に行います。

いろいろな意味で頼られるのが葬儀屋ですが、今回は無宗教葬のコーディネートですので責任も重大です。私もお客様も、腹を割って相談できなければ本当のお葬式が出来ません。
全てのコミュニケーションもうまくいき、DVDを作成する写真も50枚、素晴らしいものを選んでくれました。
当初の予定とは違い、式場はこちらのアドバイスどおり大きい式場で納得いただきました
花祭壇の作りの打ち合わせはお花屋さんと直接です
通夜料理の数量の決定はぎりぎりまで調整します
そして迎える本番・・・・

イラスト
受付前
旅先で書いてもらった似顔絵イラスト。とってもいい出来だったので、案内看板と受付前のウェルカムフォトに使いました



無宗教葬といういわば一つのイベントは、故人様を中心として遺族の皆さん全員がエンターテイメントなんです。その本質が、今回はご子息みんなにご理解いただいたことで大成功を収めることが出来ました。親戚、ご近所、勤め先関係、ご友人etc参列いただいた方々から絶賛されたことを、後日聞かせていただきました。

そしてこのブログに掲載させていただく旨も快く承諾いただけました。

喪主様的には本名も写真も出したかったようですが、さすがにそこまではちょっと・・・・ということである程度伏せてます。が、みる人がみればすぐ分かるかと思います。
なんせ喪主様は所沢のなかでも大きい保育園の先生ですし・・・・
キャンデーキャンディーサービスはどのお式でも好評です


素晴らしいご遺族の皆さんや弔問いただいたお客様、関わっていただいた関連業者のスタッフの皆さん、斎場の方々、そして今回私のアシスタントとしてサポートしてくれたあしたばスタッフのMさん(今回が通夜現場初めて!という新人さん)

お金で買うことの出来ない素晴らしいご縁があったからこそ完成させることが出来た

そんなことを実感できたご葬儀でした。

ほんとにほんとに「感謝」の一言です。
心から、ありがとうございました

後日談--------------------
先週の土曜日に、喪主様主催の「親父の無宗教葬おつかれさん会」に出席させていただきました。
ここでもご近所の世話役の方や生前の飲み友達の皆さん、めっちゃ盛り上がってました。
こんな集まりが一番故人らしいのだと、息子さんはおっしゃっていました

喪主
<喪主様もかなり盛り上がっていました>


だからこの仕事が
大好きです!


DVD完成
作成したDVDはこのような形(完パケ)でお渡しします

comment

管理者にだけメッセージを送る

もしもし葬儀屋さん
QR
にほんブログ村
ぽちっとやってみてください
Podcastランキング
PodCast配信のランキングです
ポッドキャスト ランキング Podcast Ranking
<<ご案内>>

暑さ寒さも彼岸まで・・・・・

なんてこともなく、いつまでも温暖の差が激しい今日この頃です。

でも季節は間違いなく変化していますね~

今シーズンもあちこちでMIROKUの展示会が待っています

悠久の旅立ちを、鉄馬の鼓動とともに・・・・


カテゴリー
FC2カウンター
ご来訪ありがとうございます
プロフィール

葬儀相談員

Author:葬儀相談員
葬儀社の代表であり、お葬式相談員です。
葬儀の司会をしながらもらい泣き・・その後しゃべれなくなることもしょっちゅうです。普段は根っからの単車乗りで、年の割には意外と茶目っ気もあったりして・・・
さて、皆さんが今求めているのは、事前の正しい知識、情報の収集ではないでしょうか?何かあったときに慌てるのでは、遅すぎます。
◆平和な日常の今だからこそ、冷静に考えられる
◆自分の最後は自分で準備を・・

葬儀の正しい知識を知って、納得して、選ぶ・・・・
どんな買い物でもそうであるように、ご葬儀だってこうあるべきだと考える葬儀社です。

そこでこのブログは宣言いたします。
ありきたりの決まりごとや慣習、どこのHPでもやっている百科辞典的な内容はそちらにお任せしましょう。
ここではお葬式のつぼ」をお伝えいたします。

ランキングバナー
近況報告
コメントありがとー!
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。