Twitter Button from twitbuttons.com もしもし葬儀屋さん 故人のゆりかご、斎場デビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故人のゆりかご、斎場デビュー

以前お知らせした籐編みの棺シムビオシス
第一号の施行です

所沢市斎場でももちろん初めて・・・・
火葬場の担当者のかたにもお願いして、電動カートや火葬炉の中枢部とのマッチングを確認してもらいました
(釜入れの段階で「だめだこりゃ」じゃしゃれにならんですから)

さて、今回の故人様、93歳のおばあちゃまです
生前自宅のお庭を眺めるひと時が大好きだったとのこと
ならばご自宅のお庭を式場に再現、ゆりかごに揺られて眠る故人様が親族や知人の皆様をお迎えする・・・・
そんなストーリーをご提案いたしました。
棺のインパクトとともに、ご親族みなさん大賛成していただいたゆえこんなお葬式が実現できました。

tou3


細かい部分もあわせてご紹介いたします

物語の始まりは、故人様が皆様をお迎えする・・・・ということで、受付におけるお写真や入り口のウェルカムボードは欠かせません
tou7

tou8  
ようこそ、私のお庭に・・・こんなお言葉で皆様をお出迎えです

小鳥のさえずりというBGMに包まれた式場内、正面にはひときわ明るく照らされたお気に入りのお庭を再現したお花の祭壇とゆりかごで眠る故人様 もちろんお写真は満面の笑みをたたえた優しそうな笑顔です
tou10
メインのお写真はバックライトによる照明でくっきり浮き出るようになっています

その足元には、いつの日か使っていた愛用のジョーロやバケツがひっそりと、故人を守るようにおかれています
tou1


在りし日の姿を容易に想像できる、いまにも 「はい、こんにちわ」と語りかけてくれそうな
そんな異空間ができあがりました


今回の施行のこだわりをいくつか列挙してみますと・・・・・・
1.お葬式に物語を
2.全ての小物の素材感を見直し、人工物の雰囲気を出来る限り排除
3.単なる式場の飾りで終わらせることなく、空間の演出として仕上げる
4.古来より伝わる仏式葬儀の作法を軽んじることをしない

おおまかにはこんな感じになります。

2について
具体策として、皆様の目が必ず向けられる「焼香台」にかんして、従来のものを使わず新規に制作いたしました。
tou2
耐熱のお皿に少々目の粗い麻布を巻きつけたものを制作、そのなかにはサボテン栽培用の細かい小砂利を敷き詰めました。対比演出としてお香を入れる入れ物はガラス製です。
ちなみに、お香とお線香は最近よく見かけるグリーンの香りを使ってみました。
手札写真の台はレンガを1個、そのまま使いました
焼香台本体は、生成りの生地をぐるっと巻いてみました
他にも色々手を加えたいところはあったのですが、予算と時間に限りがあるため断念・・・今後の課題ですネ・・・

3につて
いつもなら葬儀用のBGMを流すところですが、今回は小鳥のさえずりをメインに流しっぱなしにしてみました
音響は5.1CHホームシアターを設置、メインスピーカーは花の陰に置くことにより、スピーカーを意識させないつくりとなっています。結果、式場全体がなんとな~く小鳥のさえずりに包まれている  そんな空気感をかもし出せたと思います。
2でも触れましたが、香りに関しても従来の線香やお香の「匂い」ではなくグリーン系の「香り」を採用
違和感のない空間の演出という壁は思った以上に厚く、まだまだ熟慮の余地はあると実感しつつも
今回のお式に関しては、総じてうまく行ったのではないかと感じます

tou5



4について

「仏式葬儀の格式」と「新しい葬儀」という矛盾の中、僧侶様の道具類に関して対比演出という解釈であえて手を加えることはしませんでした。唯一つ、銀色にぎらぎら輝くロウソク台はいただけないのでそれだけは地味なものに変更させていただきました
tou6


補足になりますが、ご親族から頂いたお花に、名前札がついておりません。
tou4

なるべく違和感なく・・・ということで、芳名板という道具を使用しております

tou9
これはさして珍しいものではないので、目にしたこともあるかと思います

弊社としては、さまざまな視点でこだわることが出来、それがご葬家さまにご満足いただけたことが何よりだと思います。余談ですが斎場の方々も  珍しい棺だねー といってかわるがわる見に来ていただき、果ては他の式場の葬儀社の方も 見学させてください といって訪ねてくれました。

なによりも多岐にわたりご理解ご協力を頂いたご親族の皆様に感謝すると共に
お旅立ちのお手伝いをさせていただいた故人様のご冥福を
心からお念じ申しあげます。

かけがえのないご縁を頂きましたこと、心底よりお礼申し上げます

ほんとうにありがとうございました

最後になりましたが、今回の演出では当社のスタッフにもとても助けられました
おつかれさまでした~ありがと!

                                  
                                        ㈱あしたばフューネスト




comment

管理者にだけメッセージを送る

もしもし葬儀屋さん
QR
にほんブログ村
ぽちっとやってみてください
Podcastランキング
PodCast配信のランキングです
ポッドキャスト ランキング Podcast Ranking
<<ご案内>>

暑さ寒さも彼岸まで・・・・・

なんてこともなく、いつまでも温暖の差が激しい今日この頃です。

でも季節は間違いなく変化していますね~

今シーズンもあちこちでMIROKUの展示会が待っています

悠久の旅立ちを、鉄馬の鼓動とともに・・・・


カテゴリー
FC2カウンター
ご来訪ありがとうございます
プロフィール

葬儀相談員

Author:葬儀相談員
葬儀社の代表であり、お葬式相談員です。
葬儀の司会をしながらもらい泣き・・その後しゃべれなくなることもしょっちゅうです。普段は根っからの単車乗りで、年の割には意外と茶目っ気もあったりして・・・
さて、皆さんが今求めているのは、事前の正しい知識、情報の収集ではないでしょうか?何かあったときに慌てるのでは、遅すぎます。
◆平和な日常の今だからこそ、冷静に考えられる
◆自分の最後は自分で準備を・・

葬儀の正しい知識を知って、納得して、選ぶ・・・・
どんな買い物でもそうであるように、ご葬儀だってこうあるべきだと考える葬儀社です。

そこでこのブログは宣言いたします。
ありきたりの決まりごとや慣習、どこのHPでもやっている百科辞典的な内容はそちらにお任せしましょう。
ここではお葬式のつぼ」をお伝えいたします。

ランキングバナー
近況報告
コメントありがとー!
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。