Twitter Button from twitbuttons.com もしもし葬儀屋さん 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコ企業ネット所沢 企業見学会

所沢には、エコ企業ネット所沢なる企業団体があります。
エコを目指した各企業が名乗りを上げた団体で、市役所の環境課が主催です・・・・

当社もここに登録をさせてもらってます。

そして本日はこの団体の企業見学と研修会ということで、いってまいりました~
エコ企業 西部゙クリーンセンター

所沢市内に二箇所あるごみ焼却施設のうちのひとつ、西部クリーンセンターの内部と集中管理室を見せてもらいました!

ここで聞いた説明で、ごみを燃やす方法に砂を使っているとのこと・・・びっくりです。
650度に熱した砂150トンを下から空気で巻き上げ、渦ができているその中心にごみを入れ燃焼させるそうです。そのほかにもいろいろ教えてもらしましたが、どれもが「へぇー」なことばかり・・・・

とてもためになった一日でした!
エコ企業 植木
捨てられた植木や種を育てて、年に一度、希望する市民に格安で販売・・・・

エコ企業 鉢

そのときの鉢も、もちろんごみを再生・・・・エコですね
スポンサーサイト

へその緒とバイクの関係


theme : どーでもぇぇことo
genre : ブログ

一生のお願い・・・今後の問題!

とある老夫婦がいます。仮にご主人をT夫さん、奥様をS美さんとします。
二人とも寝たきりです

ある日ご主人のT夫さんが亡くなりました
この方の身内は、寝たきりの奥様S美さんと、徳島在住の実のお姉さん。
このお姉さん、若い頃に結婚しましたが後に離婚・・・現在は旧姓に戻っていますが、お姉さん自身も直接の身内は今回亡くなったT夫さんだけです。子供はおりません。

T夫さんの法定相続人は、亡くなった時点でS美さんとお姉さんの二人です。ということは、配偶者:兄弟(第三順位者)=75:25となりますね

今回の問題点はこの先となります・・・・・

1、正規の相続手続きを完了しないまま奥様S美さんが急死。
全ての財産の状態が不明瞭である
2、郷里の徳島にいるお姉さんは、体調不良にくわえて中度のアルツがはいってます。症状が中途半端なため正式な認定がいまだおりず、介護支援を受けられない状態。相続手続きに関してはご自身一人では無理と思われるが、後見人、保佐人等も付いていない。
ただし、お寺さんへの依存度が非常に高く、事あるごとに住職にいろいろ相談をしている
3、T夫さんが死亡した日からすでに1ケ月以上が経過しており、法廷期日である「死亡したことを知った日から3ヶ月以内」の期限が迫っている・・・


以上のことから、手続きは迅速を求められるわけです・・・・・

そして更に厄介なのは、S美さんに実弟Aさんがいることが判明。
Aさんは「見つかっちまった・・・」という感じで半ば迷惑顔
しかもこのAさんも高齢のため体調不良、故人宅の片付けもかなりのしんどさのご様子です。

この段階で、今回の法定相続人は二名、先に死亡した夫の姉と後に死亡した妻の弟・・・・・

時間軸で考えた場合、手続きこそ完了していませんが、妻に対する相続を完了したのちに妻の弟がそれを相続するのが順当だと思います。
更に徳島に住んでいるお姉さんが相続放棄、もしくは限定相続を主張した場合それぞれでその後のストーリーも激変してくる可能性も秘めているのですね・・・・・


ここまでながながとお読みいただいた皆さん、是非考えてみてください。
いくつかのストーリーとその結末・・・ありそうでなさそうで、でも考えてみれば今後高齢化社会の中でいくらでも起こってきそうな、日常の問題・・・そんなふうに私は感じます。

一生のお願い・・・完結編その2

有明港を出航する予定の、今日の午後まで仕事が入っていたので、少々疲れ気味・・・
その為か、12時前にはベッドに入る

ゆ   れ   る   な   ぁ・・・・・・・・・

この中途半端な揺れが、苦手・・・・

CAI1I1M9.jpg
船上の夕食

深夜二時過ぎに一度お目覚め。缶コーヒーを、ぷしゅ
もう一度ベッドにもぐりこみます・・・・・目覚めると7時半。
前回のように朝日は見られませんでした

退屈な午前中を悶々と過ごし、午後1時、やっと徳島に上陸

そのまま待合所のトイレで背広に着替えてお仕事モード、お寺へGO!!

約束の時間ぴったりに到着しご挨拶・・・・

何べんもごくろうさまです・・・・
いえこちらこそ、お世話になります・・・


<二番目の写真は・・・船上の夕食・・・自販機しかないんですよ~>

打ち合わせのご本堂にて法要、墓前で納骨法要、そして納骨・・・
先に入っていたじさまの骨壷がお出迎えです

ばぁちゃんをその横に・・・・・・

この瞬間、二番目にほっとしたのは私だと思います
もちろん一番はこの老夫婦・・・・

カロートを閉じるときにも、不思議と悲壮感なく、ある意味明るい面持ちでご住職と二人で重たい石を閉じることができました。

今頃お墓の中で何を話しているのでしょうか・・・・?


長きに渡ったばあちゃんの一生のお願い、確かにお約束果たさせていただきました。
こんな大役を私ごとき若輩者におおせつけていただき、感謝しております。ほんとにほんとにありがとうございました。
そしてじいちゃん、ばぁちゃん……心から、お疲れ様でした

合掌

一生のお願い・・・完結編1

いよいよ先日のおばぁちゃん、故郷徳島に帰る日になりました。

本日の晩、有明港を出発して明日の午後、徳島の地に降り立ちます。

もう少しだよ~

くずかごに頭を

おまえら 馬鹿か

テレビから流れる悲しい知らせ・・・・

被害者や、遺族の方々に向けられる無神経なマイクと陳腐な質問

「今のお気持ちは・・・・・・」
芝居がかった神妙な面持ちで問いかけるレポーター

おまえら馬鹿か

「どんな方でしたか?」「最後にどんなお話をされましたか」
「どんな・・・・・・・・・・」

そんなに不自然に泣かせたいのか?

おなじ報道するなら、他に聞きようがないかな
じゃどういう質問なら?  悪いけど、私には思いつきません

筆舌に尽くしがたい思い

日々そんな思いを拝見してるから

一生のお願い・・・確かに承りました

頼れる身内もなく、亡くなったご主人の納骨を私に託されたおばあちゃん・・・私も死んだら徳島に連れて帰ってね・・一生のお願いだから・・・・

少し変わり者だったご主人に気を使いながら、自分のわがままは何一つ言わず、長年連れ添ってきたんですよね

悪気はなかった・・とかばっていたけど、さんざんご主人にいじめられたんですよね

子供もいなく、なんだかんだ言いながら二人してがんばって、少ないながらも今の財を作り上げたんですよね

ご主人が亡くなる少し前から、それまで口にもしなかった故郷徳島の話をしょっちゅうするようになって、「ああ、この人は徳島に帰りたいんだな」って思ったんですよね・・・・
そしてご縁あって、私に託されたんでしたね・・・・・・
私が戻って報告したとき、それは嬉しそうな、安心したような顔をしていました・・・・・・

あなたの78年間の人生を賭して、私に託した一生のお願い
確かに承りました

安心してな、ばあちゃん・・・・・

平成20年10月4日 午後2時8分

ご冥福をお祈りいたします







音楽葬(生演奏)のすすめ

久しぶり花壇の大掃除

開店以来、早いものでそろそろ半年が過ぎようとしております。

春から夏にかけて、一生懸命咲いてくれた花壇の花・・・・・

お役目を終えたということで茶色く干からびてました。

その代わりに大きな顔をしていた雑草たち・・・・

今日まで天気が良いという事で、半年振りに花壇の大掃除をいたしまし

た。開店前の大掃除では、だんごむしでさえ数えるほどだったのですが、

熊手を使って土を振るってみると・・・・・いるわいるわ、ミミズや虫たちの宝

庫です。その中に、なんとカブトムシの幼虫まで・・・・あらびっくり(>o<")

自然の力、ありがたいものですね~
(ちなみに荒れ果てたほうの写真は、今年の3月、開店前のものです)

花壇1
開店準備前の花壇

一生のお願い・・・動画編(HD高画質)

もしもし葬儀屋さん
QR
にほんブログ村
ぽちっとやってみてください
Podcastランキング
PodCast配信のランキングです
ポッドキャスト ランキング Podcast Ranking
<<ご案内>>

暑さ寒さも彼岸まで・・・・・

なんてこともなく、いつまでも温暖の差が激しい今日この頃です。

でも季節は間違いなく変化していますね~

今シーズンもあちこちでMIROKUの展示会が待っています

悠久の旅立ちを、鉄馬の鼓動とともに・・・・


カテゴリー
FC2カウンター
ご来訪ありがとうございます
プロフィール

葬儀相談員

Author:葬儀相談員
葬儀社の代表であり、お葬式相談員です。
葬儀の司会をしながらもらい泣き・・その後しゃべれなくなることもしょっちゅうです。普段は根っからの単車乗りで、年の割には意外と茶目っ気もあったりして・・・
さて、皆さんが今求めているのは、事前の正しい知識、情報の収集ではないでしょうか?何かあったときに慌てるのでは、遅すぎます。
◆平和な日常の今だからこそ、冷静に考えられる
◆自分の最後は自分で準備を・・

葬儀の正しい知識を知って、納得して、選ぶ・・・・
どんな買い物でもそうであるように、ご葬儀だってこうあるべきだと考える葬儀社です。

そこでこのブログは宣言いたします。
ありきたりの決まりごとや慣習、どこのHPでもやっている百科辞典的な内容はそちらにお任せしましょう。
ここではお葬式のつぼ」をお伝えいたします。

ランキングバナー
近況報告
コメントありがとー!
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。