Twitter Button from twitbuttons.com もしもし葬儀屋さん 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難病プロジェリア

1秒の世界・・難病プロジェリア、見てました。

命の重さ、尊さ。ひたむきに生きる人々・・・

難病に侵され、人々の好奇の視線を浴び、それでも笑ったり泣いたりできる家族の素晴らしさ。

自分に置き換えてみると、何か忘れているような気がします。

私は、命の終焉をお手伝いする仕事です。
だからなおさら、普段から違う意味で「命の華やかさ」を感じているつもりでした。命のはかなさを見ることで華やかさを感じ取っていました。

生きてるって素晴らしいことなんだなぁ
人間ってすごいな

改めて考えさせられます。

昼間は実はBSで戦争特集やってまして
トム・ハンクスの「プライベート・ライアン」見てました。
スーパーリアルな殺戮シーンに圧倒される作品なのですが、
単純に疑問に思います。
「何故人間同士が殺しあうのか?」
大切な命がごみのようにひきちぎられて転がっている・・・
それが、過去のことではなく現在もどこぞの国で行われているという事実。なぜ??

もっと身近なことでは、子供が親兄弟を殺し、幼い少年が刃物を持って正月から商店街で暴れる

なにかが狂っているとしか思えないけど、これもまぎれもない事実

何も結論めいたことは言えないけど、なぜ?という気持ちは持ち続けなければいけないのでは?

そしてこれからも、いつの命を、壮大な物語の最後の幕引きを大切に大切にお手伝いしたいと思います。
スポンサーサイト

酔っ払い運転で子供3人殺して7年間で無罪放免かい!?

そりゃ、法の解釈はあるでしょうよ!でもね、未来のある幼い子供が3人、酔っ払い運転の脇見の餌食ですよ。それで7年間くらって、「私は罪を償ってきました」といえるほど、日本はのんきな国なんですかね?   どんだけ酒食らって運転しても、5キロ何もなく運転できれば「酩酊状態」じゃない・・・・ハッピーの上にバカがつく法律です。

被害者の親御さんは、加害者を3回殺して余りある程の気持ちがあるはず。当然控訴するんでしょうが、薬害エイズやら薬害肝炎なんかとは又違った憤りを感じます・・・

担当裁判官や弁護士の方々、あんたらの子供が被害者だったらこの判決、呑めますか?
はっきり答えを聞きたいです。

明けましたかな??

世間様のお正月、今日あたりからぽっつらぽっつら明けてきますか・・・
仕事柄ご挨拶は欠かせないので、今日はご近所さんめぐりです。
ほんとは三が日にとも思ったのですが、来られたほうも正月早々葬儀屋が・・って感じになっちゃうかと遠慮いたしました。
もうそろそろ、いいでしょう!

1月3日、ご自宅で死亡

1月3日、実は母の命日に当たりますが何の因果か今年もちょっと特別なお仕事をいただきました。(去年の同じ日もそうでした)自宅で、眠るように亡くなられた方です。ご主人が看護していたのですが、昼過ぎても目を覚まさないので「おかしいな」と思ってよく見たら亡くなっていた・・・ということです。

しかし、長年のリュウマチに悩まされ、日々痛がっていた奥様を見るのは本当につらかったとのこと。にっこり笑って「これでお前も楽になったなぁ。よかったな・・」とおっしゃっていました。真実の、心からの呼びかけに聞こえました。

そんな言葉を耳にすると、おかしな表現ですが「ほっ」とします。

できる限り、良いお葬式にしてあげたいと思っています。

何故かここ何年か、正月3日に限って自宅死亡の仕事が必ず入ってきます。不思議なんです・・・・・・
もしもし葬儀屋さん
QR
にほんブログ村
ぽちっとやってみてください
Podcastランキング
PodCast配信のランキングです
ポッドキャスト ランキング Podcast Ranking
<<ご案内>>

暑さ寒さも彼岸まで・・・・・

なんてこともなく、いつまでも温暖の差が激しい今日この頃です。

でも季節は間違いなく変化していますね~

今シーズンもあちこちでMIROKUの展示会が待っています

悠久の旅立ちを、鉄馬の鼓動とともに・・・・


カテゴリー
FC2カウンター
ご来訪ありがとうございます
プロフィール

葬儀相談員

Author:葬儀相談員
葬儀社の代表であり、お葬式相談員です。
葬儀の司会をしながらもらい泣き・・その後しゃべれなくなることもしょっちゅうです。普段は根っからの単車乗りで、年の割には意外と茶目っ気もあったりして・・・
さて、皆さんが今求めているのは、事前の正しい知識、情報の収集ではないでしょうか?何かあったときに慌てるのでは、遅すぎます。
◆平和な日常の今だからこそ、冷静に考えられる
◆自分の最後は自分で準備を・・

葬儀の正しい知識を知って、納得して、選ぶ・・・・
どんな買い物でもそうであるように、ご葬儀だってこうあるべきだと考える葬儀社です。

そこでこのブログは宣言いたします。
ありきたりの決まりごとや慣習、どこのHPでもやっている百科辞典的な内容はそちらにお任せしましょう。
ここではお葬式のつぼ」をお伝えいたします。

ランキングバナー
近況報告
コメントありがとー!
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。